アスレチック ジム
健康運道指導士:中原雄一( 15/07/01 Wed 0:45 更新)

プッシュ アウェイ push away

効果部位

  • 主に腕の後ろ側(上腕三頭筋/Triceps brachii)。

 

プッシュ アウェイの行いかた 

<<まずは・・・>>

  • まず、片手にダンベルを持って立ちます。軽く膝を折り、背筋を伸ばしたまま上半身が地面と平行に近くなるまで倒していきます。
  • できれば体を支えるために反対の腕はベンチに付くと良いでしょう。フラット ベンチがあれば片手、片膝をベンチにつく方法もあります。ベンチを使えば、背中の部分への負担は小さくなります。
  • その状態からダンベルを持った腕の肘を高く持ち上げます。はじめは腕の力を抜いて、ダンベルを自然に下げましょう。

 

 <<それでは動作を開始しましょう!>>

  • 開始姿勢から息を吐きながら、肘関節を中心に腕を伸ばしていきます。
  • 動作の間に肘ができる限り動かないように注意します。

 

 <<できる限り肘を伸ばしたところでフィニッシュ>>

  • 肘を伸ばしきったら、1-2秒止めると効果が上がります。

 

<<肘を伸ばす動作が完了したら・・・>>

  • 息を吸いながら腕を曲げていきます。持ち上げるときと同じコースを通していきましょう。
  • 動作の間肘を動かしたり、上半身を揺すったりしないことが重要なポイント!

 

<<次の動作に備えます>>

  • 一番はじめの姿勢に戻ります。
  • 以上の動作を決めた回数だけ繰り返してください。
  • 次の動作に移る場合、間髪をおかずに行うとより効果が上がるでしょう。

 

ポイント

  • 腕の後ろ側を引き締める運動、ということで、女性に大人気の種目です。気になる部分を引き締める、といううたい文句以外に、全体的な負担が少なく、使っている筋肉が十分に刺激を受けていることを理解しやすい種目であるのも、その理由の一つかもしれません。
  • このように脇をしめて行うタイプの運動では、脇を開いて行うフレンチプレスなどと比較して、上腕三頭筋の真ん中の筋肉(長頭)ではなく、両側の筋肉(内側頭、外側頭)に効果が高いといわれます。

 

▲ Top