レクチャー ルーム
栄養士:石川眞弓( 15/07/01 Wed 0:45 更新)

運動中の水分補給について

水分は普段意識している以上に大切な物だという事を認識して下さい。一般に1日2リットルの水分が排泄されます。健康な人やスポーツマンがたくさん水を飲むことは健康増進・体力向上のために良いことなのです。

一般に1日10リットルまでの摂取は、血漿の浸透圧を変えることもなく問題はありません。激しい運動をする場合は3~4リットルは必要です。

汗をかき、水分を補給し再び汗をかく。そして生活で水分を排泄する。このような水分の蒸発が代謝エネルギーや消費エネルギーを増加させ、運動能力も向上させるのです。

また、運動をして汗をかくような時は、特に冷たい水を摂るのが良いです。冷たい水は、かつての迷信(運動中は水を飲むな)のように筋肉のつりも起こさなければ心臓を痛めたりもしない。むしろ冷たい水は胃の働きを促進し、お湯よりも速やかに吸収され体温も安定させる。だいたい米国の研究では摂氏10度~13度位が適当といわれています。

筋細胞間に水分を保ち、細胞間質の皮膚と筋肉の間から水分を抜き筋肉を大きくきれよく見せるには、塩分を抑えつつ水分をたくさん摂るのが良い方法です。そうすることで余分な細胞外水分が体外に出てさっぱりした体調にもなります。

▲ Top